忍者ブログ
  • 2020.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 2020.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/02/22 02:07 】 |
第30話 気を引いても虚ろな世界(高銀)

*  高銀話です(連載中)


第30話 気を引いても虚ろな世界(高銀)


R18




「待っ、ちょッ、ぁあッ…!」

尻の中を熱くぬるついたものが進んでくる。

昔、覚えたとおりの快感の軌道をそっくりそのままなぞってくる。

「やめっ、アッ、」

熱い快楽が腹の中で溶ける。

下半身だけ持っていかれそうな不安に動かない指で床を掻く。

「お、追いつか…ねーって、」

腰が揺れ、膝がもがく。

臀丘が締まり、脚にかけて健やかな筋肉のラインが浮かんでは消える。

「ぁぐっ…、ダメだ、っ…!」

高杉との行為の記憶が体の奥から甦る。

疼くそこをどんな風に突かれたか。

突いては引くものを締め上げるとどんな風に呻いて声を掠れさせたか。

高杉の熱い汗が、腕が、どんな風に自分を掻きいだき、声を漏らして達したか。

それを描くだけで身体は動きを封じられたままゾクリと強い熱を発する。

それより高温の硬い岩石のような熱温で銀時にかぶさりながら、じっとりした生々しいものが銀時の腹の中を擦りあげる。

「ぃやだ…、はぁっ、…やめっ、」

昔以上にぴったりと銀時の欲しいところに先端が当たり、怖いほど男の上反りは前立腺をなぞって深い欲を腹の中に掻き回す。

「こ…これじゃ、味わえねぇ…、」

一人で「それ」をオカズにしているのとはワケが違う。

「オメーを感じる前に、カラダだけ、イっちまう…!」

高杉を捕らえて締めつける。

締めたとき体内に感じる男茎は、形も硬さも、かつて銀時に快楽を覚えこませた愛おしいもの。

「はっ…、ぁううッ!」

触手に弄られ、勃ちあがりっぱなしだった銀時のペニスに、長くて武骨で、どこかしなやかな手の指が絡む。

とっくに先走りで濡れていた亀頭に親指で新たにこぼれた体液を塗り広げる。

「…っ、んくッ」

きっと次は爪を立てて尿道口を抉られる。

結果的に気持ちよくても痛いものは痛い。

銀時は無意識に身構える。

ひさしぶりの慣れた衝撃をこらえたが、先端に与えられたのは指の腹で丹念に穴を開かれ、カリ首を他の指で掬いながら尿道に快感を押し込んでいく丁寧で細やかな動きだった。

「…っ、!?」

銀時の肌が熱を発する。

見えない相手は乳首を吸い、敏感なペニスの穴を開いて、やわやわと刺激する。

がむしゃらに突き入れてくるわけでもない腰使いは、銀時が快感を拾いやすいように、むしろそのことだけを目的にしたような愛おしみ深い営み。

「……ヴッ…、」

銀時は固く唇を結んで閉ざす。

顔の温度があがって他より赤い。

身体の奥は、そして相手の肌に触れているところは、どこもかしこも感じやすく、ちょっとのことでビクッと震えを走らせる。

「ぅぐ、み、見んな、」

銀時は急に声を荒げる。

「てめっ、見んじゃねーよっ、いいからアッチいけっ!」

ジタバタと身体を閉じようとする。

すっかり砕かれたような手足の筋肉は銀時の意志を受け付けない。

それでもなんらかの効果が薄れてきたのか、銀時の片手はゆるく相手の体躯に突っ張り、下半身は相手の視界から逃れようと膝を揺らめかせる。

「銀時、」

「イヤだ、触んな、…ぅ、」

首を倒して顔をそむける。

「んぐっ、…おまえ、アレだろ? バカチンだろ?」

腸壁をこする硬茎の動きにあわせて身体を前後に揺さぶられながら、銀時は相手をなじり始める。

「んぁっ、わかったから…あー、そーゆう…カンジね…、」

熱い息を吐く合間に軽い調子で続ける。

「おまえはさぁ、あの触手野郎だってーのに、…高杉そのものだと思わせたいんだろ?」

相手の手の中で熱くそそり勃ったペニスから透明な液をこぼしながら、銀時はこらえきれない腰を律動させる。

「アイツ高杉に…、なりたがってたもんなぁ、俺に…薬つかっ、て…」

その律動が腹の中の高杉の雄の抽送に追いすがり、ぴったりした合一を求めていく。

「この、高杉みてーな感触も…ぅあっ、ウソっぱち…だよな、」

身体はますます熱を発し、相手の愛撫に酔い、高まっていく。

「俺がおまえを高杉だと、思い込むように…、そんな幻に浸(ひた)る薬で…細工したんだろ…ぅっ、?」

銀時の口元がだらしなく笑う。

「でも俺は、騙されねーから」

「言いてぇことは…それだけか」

肌を交わしている相手が業を煮やしたように口を開く。

「てめぇなんざ、…あの犬に、飼い殺されちまえっ…」

「なかなか良いセンいってるけど…っ、おまえは決定的な間違いを犯してんだよ…、」

おかしそうに銀時は自分にかぶさる相手の顔がある辺りを見上げる。

「高杉はなぁ、俺をいたわるようなセックスはしねぇの。あと、助けに来ることもねぇ」

言いきって、はぁ…とせつなげな吐息を漏らす。

「あいつはもっと薄情で凶悪で、暴れ馬みてーで、…ヤッてても痛くて痛くてしょうがねぇんだよ…っ、」

「……それがてめぇの報答か」

ぎり、と相手の骨格が軋んで力が篭る。

「なら、そのご要望に応えてやらにゃなるめーよ」

「う、…ぁ!? あぐぅ、…いッ…!」

荒々しく腰を突きこまれる。

容赦なく雄肉を捩じこまれ、爪を立てて尿道口を削られる。

「ぃやァッ、アッ、痛ぁ…っ、!」

「この方がイケんだろ? てめぇは、」

銀時を置き去りにした乱雑な動き。

「バカだ、バカだたぁ思ってたが…、てめぇはバカだけじゃねぇ」

乳首をちぎれるほど噛み切り、過敏な肉傘を爪責めにして痛めつけ。

「いっかな救いようのねぇ腑抜けだ、このナマクラはよォ…!」

足を全開させ、外していた体重をズシリと掛けて、銀時の後孔に一旦は収めたものをカリ首まで引きぬくと勢いよく根元まで一気に突き通す。

「ぅがぁッ、あぐっ、ぃあッ、ぁああぁあーッ!」

銀時の背が反りかえる。

高杉の怒張が根元まで刺さって腸壁を充満させたのをきっかけに、銀時は尻の中だけで達する。

痛みは甘い痺れにとって変わる。

とろとろと銀時のペニスから白濁液がこぼれる。

四肢が存分に緊張して雄の剛直を締めつけ、それから得る快感をさらに拾いあげて痙攣する。

その貪欲な締めつけに高杉の怒張も限界を迎える。

「うっ、く…、…ぁ…、」

グッ、と身体を硬直させる。

銀時の中へ膨れたものを吐き出す。

数度にわたり、熱い腹の中へ、こらえた精を放つ濃密な快感。

噎せるようなそれを噛み締める高杉の下で、銀時は腰をギュッと浮かせて受け止める。

「んっ…、熱ぅ…」

体の奥に熱い体液をかけられた、その刺激に悩ましく全身を撓らせる。

銀時のペニスは半勃ちのまま、射精もなくイキ続ける。

しなやかに凍りついて快感を追っていた身体が、やがて糸が切れたように床に落ちる。

詰めていた息を解き、一言もないまま銀時はゆるやかに弛緩した。

「……」

高杉は銀時の顔を覗きこみ、その頬に手で触れる。

間の開いた呼吸が静かに胸を上下させている。

それ以外、銀時は動かない。

「落ちたか…」

銀時の目に張り付いた金属の覆いは剥がれない。

瞳を見ることも、それが何を映しているかも見ることはできない。

「銀、時…、」

身を屈めて薄く開いた唇に唇を合わせる。

深く触れる前に、しかし高杉は耳をそばだてる。

「…フン」

やるせない表情を一変させて消し去り、ずるりと陰茎を引き抜く。

ビクリと銀時は震えて高めの呻きを漏らしたが目覚める様子はない。

「今度会ったらテメェは幕府の犬の一味だ」

素早く衣服を整え、刀を取って立ち上がる。

外に人数のある気配が近づいている。

一指も触れることなく銀時をそのままに、高杉は身を翻した。

 



続く

 

 


10月10日祝日(月)東京流通センター銀時受オンリー「あまとう!」に参加させていただきます。
サークル名:攘夷的な愛の触手【スペースNo.B46】
留萌英春さんの新刊『毛玉けだま言う奴が毛玉』あります。『牛乳』『恋』の続きです。
余市日夏の既刊もお持ちしますので、よろしかったら覗きにきてくださいね!
そしてブログ小説をお読みの方は「読んでますよ(ニヤリ)」って囁いてくださると、うるさく拝みます、日夏が。
お時間のある方は、どうぞよろしくお願いいたします!



 



ごせんぞうさん

こんにちは!御来訪嬉しいです。
再びの拍手&コメント、ありがとうございます!

すごくすごく心の支えにさせていただきました!
更新したものの「ど、どうなんだろう!?」ってドキドキしてたところに染み渡るような御言葉がっ…!!
見事に読み取ってくださって狂喜しました。

今日更新できたのも、ごせんぞうさんのおっしゃった「高銀ウィーク」が頭の中で事あるごとに蘇ってはグルグルしてたからです。
そう、…そうだ、高銀ウィークだ!なんとしても更新しなきゃ…!!って、何度念じたかわかりません。
もうもう更新のお守りみたいになってました!

また、次回に期待してもらえるよう頑張ります!
本当にありがとうございました。
よろしかったら、またお立ち寄りくださいね!



うるいさん

こんばんは!ようこそいらっしゃいませ!
拍手とコメントありがとうございます!
うひゃあ、高杉も土方も及第ですかっ!?
銀魂ファンの方の眼力に適うキャラの書き方ができて(というより大幅に甘い点をつけてもらってるんだと思いますが)ものすごい幸せです、ブログ小説書いてよかったです!

私も高杉と銀時をずっとイチャコラさせたい思いで胸がパンパンになってます。
願望を読み取っていただいて恐縮です、こちらこそ有難うございます。
うるいさんの夢に毎晩高杉を出現させるくらいの凄いものを、いつか書きたいなと思います。
寝不足は困りますけど、高杉が出てくるなら寝不足上等でしょうか?

ご友人も高杉がお好きですか?お目に適うと嬉しいです!

再びの御言葉、ありがとうございます。
恵みの雨のように心地よいお褒めをいただきまして、心より深く感謝いたします。
また楽しんでいただけるよう、御言葉を胸に更新させていただきます。
またのお立ち寄りを、お待ちしています!

 

拍手[14回]

PR
【2011/10/08 23:34 】 | 気を引いても虚ろな世界(高銀) | 有り難いご意見(0)
<<高銀同人誌についてお知らせ | ホーム | 第29話 気を引いても虚ろな世界(高銀)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>