忍者ブログ
  • 2019.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2019.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/11/19 07:19 】 |
書いとけと言われた

本日の更新

* ここ(妄言)
* 余市日夏の銀魂たわごと更新1件 /パソコンは左、携帯は下のリンクから飛べます

 

2月6日に留萌さんが
「しんめって人気なの?」と言った。

「しんめじゃないよ、のぶめだよ。ああいう無表情な女の子は一部の男の子に人気あるよ」

「そうか、綾波レイの頃からそういう無表情キャラは人気だったね」

「綾波レイじゃないよ、オマモリサマの頃からだよ。ああいう無表情な女の子に弱いんだ、とかいう投稿見たことあるから、ああ男の子は感情を出さない子に萌えることもあるんだなって思った」

「オマモリサマの頃からって…!アンタそれブログに書いときなよ」

留萌さんに言われたらから書きました。
でも、なにがツボなんでしょうか?

わからぬ。

拍手[6回]

PR
【2012/02/07 00:25 】 | 萌え言 | 有り難いご意見(0)
改訂版の後遺症

本日の更新

* 銀魂ネタバレ感想更新(一件)/パソコンは左、携帯は下のリンクから飛べます


ブログの更新の仕方が分からない。
手順もそうだけど、文章が書けない。
頭が完全に小説改訂脳になっちゃってる。

書け!って言われれば、キャラ会話とかは書けそうな気がする。
でも、萌え文の書き方を思い出せないよ!

だって何日ぶりだろう?
(あえて何ヶ月とは書かない。いや書いてるな)

もうラベンダーも咲き誇ってるよ。
蛾も羽化しちゃったよ。

いや、いつでもラベンダーは咲いてるけど!

ブログ小説の最終が2月25日ですよ!
ジャンプねたばれ感想に至っては2月22日ですよ!

いま6月だから、まるまる3ヶ月、自分のサイトを丸投げしてたんだよ、ガーン…!

というわけで、一人だけ時差ボケです。
世の流れについていってません。

アニメは四天王編ですね。
ええと、見てません。
だって辛いんだもん。

四天王編の見どころは、かぶき町住民の共闘と、ラストの紅花畑ですよね。あと、イイ男満載の過去回想とか。

お岩さん(仙望境の温泉の女将さん)が、お登勢さんと撮り合ったのが辰五郎さん。
というのはすごく納得です。
次郎長→お登勢さん はすごく伝わったんですけど、
辰五郎→お登勢さん のアタックシーンが出てこないのは『当然カップル』だからですか。
彼らに恋する男女を振りきってのゴールインですから、告白シーンくらい見たかったなあ!

…いやコレ少年漫画ですからね。
そんな、銀ちゃんの家主(ほとんど母ポジション)のお登勢さんの、亡くなった旦那との馴れ初めとか、プロポーズシーンとか、新婚旅行とか、イチャイチャラブラブとか、書かなくてもいいと、むしろ描いたらヤバいだろうとは思ってますよ。
でもね、知りたいじゃないですか。
そこで二次創作ですよ。
辰五郎×お登勢さん!!

…いや、もう、公式すぎて。夫婦だし

 

 

拍手[0回]

【2011/06/10 21:19 】 | 萌え言 | 有り難いご意見(0)
危なさMAX

12月20日発売ジャンプのネタバレあります
知りたくない方は読まないでください

 

 

 

 

『ドタバタヒーロー大掃除de4コマ漫画』という企画が乗ってました。
ご覧になった方はご存知でしょうが、我らがヒー…ヒロイン銀ちゃんも載ってました。
ジャンプの主人公ともなると凄まじく個性的で、誰も彼も、一度見たら心に刻みこまれる圧倒的なキラキラパワーに満ち溢れてます。
そのなかでも銀ちゃんは、可愛いんだなぁコレが。
鎖骨のチラリズムなんて目が釘付けになるし、髪の毛なんか本人天然パーマで悩んでるくせに洗練されたオシャレ系パーフェクトブロー済みだし、垂れ目でホッソリした顔だちで首から胸もとの白さ晒してると男の色気全開だし、どのパーツもこれ以上ないってくらいのセクシャルアピールです、銀ちゃんを見たら50人の攻めがどこかに潜んでると確信して間違いないです。
それで、やっぱりサムライのせいでしょうか、背筋がピッと伸びてて、すがすがしい美しい風情ですよね。ああ、これを困惑させた挙句、力づくで奪ってしまえと攻めが思うのもムリないですよね。
でも、高杉と桂と坂本は、その中でも別格ですよね。だって銀ちゃんが成長する前から一緒で、ということはまだこの色気がないときから銀ちゃんを知ってて、つまり銀ちゃんのアホな子供時代を知ってて求愛してる猛者というわけですからね。
逆に子供時代を知ってるということは、知らない人からすれば大変な強みなんでしょうけども。きっと銀ちゃんは「ぱん、つー、まる、みえ!」とかやって遊んでたでしょうし、階段の手すりから滑り降りて、つんのめって股間を強打とかして呻いたりしてたと思うし、めんことかベーゴマとかで遊んで奪られて「ふざけんなよ、返せよな!」とか士道不覚悟のセコイ争いとかしてたと思うし、そんな彼の愛すべき生育過程をぜんぶ網羅してる桂や高杉と、他の攻めが勝負になるのかどうか、これは真剣に考えるべき永遠の命題です。

つーわけで、大掃除de4コマ漫画企画で、居並ぶジャンプヒーローの中でも銀ちゃんの色気は半端じゃないと再確認しました。高杉はやっぱり気が気じゃないと思います。桂が定期的に銀ちゃんの様子を伺いに来ずにいられないのも無理ないし、その情報は坂本にも流れてると思います。土方さんはじめ真選組がちょくちょく万事屋三人に絡むのも、きっと銀ちゃんの動向をそれとなくチェックしてるんだろうなあと思いました。
…あ、4コマ漫画の話まで行かなかった。テヘッ☆

拍手[0回]

【2010/12/22 20:53 】 | 萌え言 | 有り難いご意見(0)
| ホーム |